肩こりの原因とは

多くの男性や女性が悩みを抱えている肩のこり何故起きるのでしょうか。

長時間のデスクワークで肩こりが悪化して、整体などに行く人も多いです。

同じような姿勢で長い間座っていることで、特定の場所の筋肉が収縮を続け、カラダの姿勢を支えている筋肉の能力が次第に低下していきます。

そして頭部や腕の部分を支える頸の筋肉に負担がかかり、おまけに血行も悪くなってしまいます。

血行不良により酸素が不足になった筋肉は痛みを感じ取る物質を作り、そのことが要因となって肩のこりが生じてしまうのです。

デスクワークに限定されず、同じ姿勢を長い時間繰り返すことが多い場合、肩のこりが起こる可能性が高くなります。

肩のこりは体勢だけではなく、精神的なことが要因となって起きることがあります。

例えば、あまりよく知らない道を運転するという時やとても大事なプレゼン、苦手とする人との対面をストレスと感じるという場合も少なくありません。

こういったストレスが体にとって悪い刺激になって自律神経を混乱させて、身体を緊張させる交感神経の作用を活発にするのです。

肩・首周辺や背中上部の筋肉がこわばると不快感・痛みが脳に伝わり、肩こりを起こすのです。

毎日メンタルな緊張が長引くと筋肉も収縮をつづけるため、肩のこりが慢性化する悪循環に陥るのです。